「二匹の魚」|相場・価値の高い「ビュッフェ」の作品を専門に高価買い取り。

「二匹の魚」

ビュッフェ

ビュッフェ 二匹の魚|レゾネ:#85

●作品名:「二匹の魚」
・製作:1979年
・技法:ドライポイント
・買取時期:2013年12月
ビュッフェも作品制作時に良く用いたドライポイント(drypoint)とは、版画の技法のひとつ。「ポイント」と呼ばれる先端が鋼鉄の針や、ダイヤモンドが付いた針などを使い、銅板に直に彫って描画する凹版技法。
「ドライ」とは、エッチング用の腐蝕液を用いないことから、そして、尖った先端をもつ道具「ポイント」で刻描するので、ドライポイントという。彫られた線は均一な線ではなく、針で押し出された銅のささくれや、まくれなどを生かして刷ることも特徴の一つとされ、独特のタッチになる。
腐蝕液や防触剤などが必要なく、引っ掻くだけの簡単な技法なので、小中学校や初歩の銅版画教室で取り上げられることが多い技法。
しかし手軽な技法ではあるが、ポイントで描画する際に針が銅版に引っ掛かり描きづらく、まくれを強く出すためには力が必要であったり、また、金属のめくれによって刷り上がりが変化するため、描画している時にトーンが把握しづらいなど、腐蝕液を使う技法である「エッチング」に比べると、意外と描画が難しい。
(参考出展:wikipedia)

ビュッフェ 作品の売却をご検討のお客様へ

ビュッフェのドライポイントは市場価値が高い為に、当社では他社に比べてもより高い査定額のご提示・高額買取に努めさせて頂いております。ビュッフェ「二匹の魚」をお持ちで、現在、売却をご検討のお客様は是非、アート買取協会まで御相談ください。他の買取会社よりも高い買取を頑張らせて頂きます。   

ビュッフェの作品価値と買取相場

「二匹の魚」の作者としても有名で、フランス画壇の巨匠として知られるベルナール・ビュフェ。1943 年国⽴⾼等芸術学校に⼊学しましたが、わずか数ヵ⽉で退学しました。
その後、ほとんど独学で絵を学んだにもかかわらず、20 歳でクリティック賞という権威のある賞を受賞。若くしてその才能を認められた芸術家なのです。 フランス具象派を代表する⼈物であり、鋭⾓的なフォルムと⿊く強靭な描線、モノトーンのような⾊彩の独⾃な作⾵は、⾼い評価を得ています。
⽣涯で約8,000 点の作品を残しましたが、油彩・⽔彩画はもちろん、花をモチーフにした作品や「ニューヨーク」シリーズは、版画の中でも⾼額買取の対象となっています。

アート買取協会ではフォーム・電話による買取査定以外にも、メールでも簡易査定を実施しております。

選べる3つの買取査定方法